台風19号による飯能の被害状況

はじめに

こんにちわ。きよまるです。
先日の台風19号は全国各地に大きな被害をもたらしました。
私が住む埼玉県飯能市も例外ではなく、山の中では土砂崩れが発生し多くの道が通行止めになりました。
幸い私の住む地区は大きな被害もなく普段通りの生活をしておりますが、
飯能市を流れる入間川周辺の家では床上待っで浸水したりと被害が出ています。

台風直後の様子

飯能河原
飯能河原

このように清流が流れていた入間川とは程遠く濁流となりました。

多くの箇所で土砂崩れも発生しています。

サイクリストへの影響

被害に遭われた方がいる中でこのような事を書くことに批判があるかもしれませんが、
私なりに感じていることを書き留めておきます。

先に結論からいうと、人気のあった子ノ権現や有間峠などの峠は自転車で走れる状況ではありません。
飯能の山が好きで多くの方に走ってもらいたい気持ちはありますが、流石に今はリスクが高すぎます。
山が大量の水を含んでいるためしばらくは山の方に行くのはやめたほうが良いです。

林道の状況

飯能市内にある林道は埼玉県川越農林振興センターというところが管理しています。
川越農林振興センター
こちらをご覧いただくとわかる通り、振興センターが管理している林道は全線通行止めとなっています。

有間峠に至っては登りスタート2km地点で道が崩落し自動車が通れない状況となっています。

どこならば走れるのか

飯能から秩父に向かう県道70号であれば走ることができます。
ただし、道中で出水が激しい場所があり山が大量の水を含んでいることがわかります。
明後日(10/22)にも大雨の予報が出ており、ここでまた大きく崩れる可能性があります。

まとめ

悲しいですがしばらく飯能の山を走ることは危険です。
多くの箇所が被害を受けているため、状況によってはこのままずっと通行止めになってしまう箇所もあるかもしれません。
ただ、飯能は山の中の道じゃなくて走れるところは沢山あります。
もう少し落ち着いて山の水が抜けてから走るのが良いと思います。

最後に

もしかしたらもう登れなくなるかもしれない有間峠の思い出を書きます。

こちらの写真は今年のGWに筑波山で落車し、その復帰後のリハビリで登ったときのものになります。
途中で偶然友人に出会い一緒に話しながら登ったのはいい思い出です。

これは雨なのに偶然カフェキキさんに集まった常連さんたちと一緒に霧雨の中登ったときのものです。
このときは雨で路面が荒れており、みなさんが次々にパンクする中なんとか登り切りました。いま思い返すといい思い出ばかりです。

また有間峠を何回も登るうちに自信がつき、今年の夏には麦草峠を登り、先日は山岳ブルベまで完走できるようになりました。
道が復旧した暁にはまた登って頂上からの有間ダムを見下ろす絶景を堪能したいと思います。