筑波山にてロードバイクで落車して失ったこと学んだこと④ (復活編)

はじめに


きよまるです!無事に自転車復帰いたました。
昨日、有間峠を登りまして身体に特に痛みは出ませんでした。
今日の朝もそこまで疲れも残っておらず、また足の痛みなどもないため治ったと考えて良いでしょう。
現在の状態とこの二週間あったことをまとめておこうと思います。

落車してから約1ヶ月になります

身体の怪我

さてこれが一週間でどうなったか、注釈をつけて書いておきます。
・左腕:完治!
・左肩:完治!
・左臀部:完治!
・左腰と臀部の間:腫れもほぼ消えました。ただ、小走りすると振動で痛む。
もう完治といってよいでしょう。

ただ、事故は続くもの。
ここで油断せずにより気を引き締めて楽しんでいきたいと思います。

ここ二週間の話


足は腫れていましたが、腹筋背筋は使えたためバランスボールを使った筋トレを再開しました。


一週間前に自転車が帰ってきました。
こちらも不幸中の幸いでフレーム、コンポ、ホイールはすべて無傷でした。
タイヤ、サドルを新品に交換、ヘルメットも新調しました。


ただしこんな感じでサドルが犠牲になりました。


twitterにも書いてますが、サドルがすべてダメージを受けてくれたみたいです。
それだけ宙を飛んだと思うとおそろしい・・・


ちょっと違う話ですがオートバイを処分しました。
今まで10年近くバイク自体には乗ってきましたが、
バイクのダメージがひどいことと乗る頻度が少ないためお別れしました。
バイクにつけていた「てるてる坊主のお守り」を自転車に移植しました。
これからもよろしくね。


ローラーを再開しました。
初めては5kmくらいから徐々に伸ばして一日10kmくらい乗りました。


そして今週末、復活して有間峠を登ってきました。
登りの途中でカフェキキさんの走行会で知り合った吟次郎と偶然出会い一緒に頂上までいってきました。
ケガから復帰して登ってなんとも言えない達成感がありました。

まとめ

一度落車すると回復まで時間がかかります。いろんなものも失います。
時間がかかっても回復すればいいですが、後遺症がでたり自転車に乗れなくなることもあります。そのため、走行には十分注意してください。

実はここまでのケガをしたのは人生で初めてだったりします。
今まではすべて運だけで回避してきました。
そんなこともあり、少し気持ち的にスキががあったかと思います。
落車しましたがそれも運がよく、後遺症も残らずに元気に復帰することができました。
しっかり気を引き締めるところは締めて、安全にたのしい自転車ライフを送っていきます。
好きなことで怪我したりはだめなので。

この落車シリーズは次回で最終回にします。
主に保険が降りたあとに費用面についてまとめて行う予定です。
また読んでいただけると幸いです。