au歴10年のきよまるが格安sim(mineo)に乗り換えた理由

みなさん、スマホの代金は毎月いくら払ってますか?

大手キャリアを使っているならば端末代金込みで10000円前後の支払いをされている方が多いと思います。

もしこの金額が毎月2000円くらいになるとしたらどうしますか?

「そんな美味しい話があるの?」

「あやしい方法じゃないの?」

実はまっとうな方法で実現することができます。

それは「格安sim」に携帯キャリアを変更すること

格安simにすることで簡単に通信費を削減することができます。

・・・

はい、こんにちわ。きよまるです!

このたび、スマホの通信キャリアをauから格安simのmineoに変更しました。

ミニマリズム活動の一貫でムダなコストを徹底的に削減しています。

ムダな出費を減らすことで金銭的に余裕が生まれると、精神的にも余裕が生まれます。

今回は下記のテーマで書いていきます。

  • 格安simに変更するにあたり感じていた不安
  • 実際に変更してみてどうだったのか

格安sim(mineo)にして満足しております

結論から書くと

格安simに変更して大正解でした!

日々の生活に何ら支障はないですし、いまのところ不満はありません。

次にたくさんある格安simの中でなぜmineoを選んだのか深堀りしていきます。

なぜ格安simの中でmineoを選んだのか

そもそもmineoとは?

株式会社オプテージが運営している格安simになります。

au、ドコモ、ソフトバンクのキャリアに対応しています。

もともとau系の格安simとして登場して2014年6月からサービスを開始しました。

記事で説明するよりも下記の動画がわかりやすいので紹介します。

こちらを見ればすべてお見通しです。

ライフスタイルにあっている

格安simというとピークタイムに速度が落ちるというデメリットがあります。

ピークタイムとは下記の時間帯になります。

  • 08:00-09:00
  • 12:00-13:00
  • 18:00-20:00

きよまるの場合は仕事の開始が遅く11:00からになるので出勤時間も休憩時間もすべてピークタイムから外れています。

また日々使用する場所は飯能を中心とした山の中なので、一つの基地局に対するユーザ数も少ないです。

そういった背景のため速度遅延の影響は受けにくいと判断しました。

わかりやすい料金体系

料金プランが非常にシンプルです。

まずは下記リンクの料金ページを見てください。

参考 基本料金mineo

ご覧と通り金額が一目瞭然です。

きよまるの場合は「Aプラン デュアルタイプ 3G 」にしているため、月額1510円になります。

いまはキャンペーンもあって半年間は月額710円になります。

余計なオプション(留守番電話サービスやら保証やら)がないのが魅力です。

お得に契約する方法

契約方法については公式のドキュメントや、他のブロガーさんが綺麗にまとめられているので割愛します。

ここでは仮に契約をしよう!と思ったときに事前に準備しておくと手数料が安くできる方法をご紹介します。

エントリーパッケージを買う

事前に350円を払ってこちらのエントリーパッケージを買うと、事務手数料の3000円が無料になります。

招待ページから申し込む

こちらのページから申し込むと1000円分のポイントをもらうことができます。

自分が契約するときには知り合いで使っている人がいなかったため招待ページがありませんでした。

もし契約をする場合は是非ご活用ください。

実際に使ってみて感じたこと

ここからは契約して約2週間が経ったので感想を書いていきます。

通信速度はおそい?

速度制限をかけなければと特に遅さは感じません。

現在は3月から始まる新サービスの事前キャンペーンとして誰でも低速モードで500kbpsとなっています。

500kbpsだと流石にゲームをしたりするのは厳しいですが、きよまるの普段使いでは問題ありません。

電波は入る?

こちらは問題なく入ります。

格安simの仕組みとしても電波の入る範囲は変わりません。

このあたりのことがよくわからない人は下記の動画をご覧ください。

mineoの低速モード(500kbps)でできること

Google Mapでのナビゲーション

先日ブルベに参加するにあたり、飯能からスタート地点の越谷まで自走で往復しました。

そのときにGoogleMapのナビ機能をつけた状態でサイクルジャージの背面ポケットに入れて音声ナビを使っていました。

事前準備としてオフラインマップをダウンロードしておき、ルート案内をしましたが、特に遅延なく適切にナビをしてくれました。

動画視聴

Youtubeであれば画質を落とせば遅延なく見ることができます。

ただ快適に見るのであれば速度制限を解除したほうが良いと思います。

SNS

Twitterなどのテキストベースであれば問題なく使うことができます。

バーコード決済の支払い

例えばPayPayなどであれば、起動して少しもたつくものの問題なく使えます。

思ったより500kbpsあれば十分な速度が出ているので、3月から正式サービスとして始まるパケ放題オプション(350円)の契約を検討しています。

まずはパケ放題の無料体験期間が終わって節約モードで200kbpsでどのくらい使えるか試してから判断しようと思います。

格安simを活用して倹約していきましょう

倹約のポイントは選択と集中です。

特に毎月の固定費を削減していくことから始めていくのが良いと考えています。

自分の場合はauのときは毎月5000円払っていましたが、それが2000円以下になる効果は大きいです。

毎月3000円浮けば年間で36000円になります。

そのぶんのお金を自転車活動の交通費や食費に回せばより豊かに活動ができます。

ちょっとしたことですが倹約をして余裕のある生活をしていきましょう。

今回の記事が参考になりましたら幸いです。