【BRM127埼玉200 アタック霞ヶ浦】ロードバイクで初めてのブルベで大失敗をしてDNF

はじめに

こんにちわ!きよまるです。

オダックス埼玉さん主催の「BRM127埼玉200 アタック霞ヶ浦」に参加してきました。
その様子を記事にしたいと思います。

出走前

朝5時に起床して集合場所の「越谷 出羽公園」に向かいます。
さすがは冬のこの時間。冷え方が尋常じゃありません。
幸いホッカイロを装備していたので、足先は大丈夫でした。


集合場所に到着するも、真っ暗でよくわからない・・・
公園の周りを走ると人が集まっているところがあったのでそこに行きました。


無事に受付を終えて、オダックス埼玉さんが作られた反射ベストを購入。
事前にメールで連絡をしていたのでスムーズに購入できました。

まさかこのあとあんな事件が起こるとは思いもしませんでした・・・

快適に走る

この越谷は地元ということもあり、土地勘があるので精神的には楽に走れました。
そう、このときはよかったのです。このときは・・・

事件発生!!

野田の16号を超えて利根川に向かいます。
ただ、出発して一時間近く経っていたのと、この先にコンビニはあまりないかと思ったので朝食を取るためコンビニへ。

コンビニでポケットに手を入れると。

ない。

ない!

ブルベカードがない!!!!

いつもものを落とさないように必ずポケットのファスナーは締めていましたが、今日に限って全開でした。
今までライド中にものを落としたことがなかったので、焦ると言うよりもショックが大きかったです。

とりあえずコンビニの店内を探して回りましたが見つからないので道中で落としたものだと確信しました。
そのため、近くに落ちていないな願いを込めて戻ることにしました。

ブルベカードを探しにルートを逆走

ペースを抑えながら落ちていないか祈りを込めて走ります。
途中、8時スタート組の方達とスレ違いましたが、皆さんなんでこの人逆走してるの?と思ったでしょう・・・

そして、引き返すこと15km・・・諦めかけたその時!

ん?なんか黄色い紙が!

!!

あった!ブルベカードあった!

風が強かったのでもうないかなと思っていたところ見つかったので驚きました。
ですがPC1の制限時間を考えると厳しい・・・やむなくDNFすることにしました・・・・

失意の帰路

悲しみにくれながらも帰宅し、体をケアしてこの文章を書いています。
ただ、大失敗からはじまったブルベでしたが、学ぶことも多かったため次回に活かしたいと思います。
最後に学んだこと、気がついたことを書いて終わりにします。

学んだこと

・ブルベカードや貴重品は一箇所にまとめて落とさないようにする。
・冬のブルベはとにかく寒い。集合してから走り出すまでに時間があるのでホッカイロなどの防寒対策が必須。
・冬用グローブでも指先の感覚がなくなるから、防寒対策が必要。
・信号が多い市街地では信号が青になるタイミングをみて、速度を調整する。
・ケイデンスは一定。走る場所や体の調子を見ながら調整する。
・1時間30分に一度の休憩が自分にとってはちょうどいい。
・あきらめないこころが大切。